概略:

 

~パワージェムについて=当店の考え方~

信じる人が多ければ、その占いは当たると言う心理学的アプローチを支持します。
当店では、東洋のうらいの基本となる陰陽五行説を採用しています。
その人やある本、一世代だけの主張は採用していません。
従いまして、当店の担当者のフィーリングや霊感で石のパワーを決めていません。
行政やデファクトスタンダードでない「ヒーラー」などと言った資格は当店ではありません。
霊感のある人はいるのでしょうが、当店では霊感商法は行いません。
ここで言う「効果」は、占いで言う効果で、科学的な、医学的な、効果を指し示すものではありません。


あなた自身を高めて(エンハンス:E)お願いを叶える方法と、
石自体がお願いを叶える(ウィッシュ:W)方法があります。


石の種類によるパワー:
有名な石、きれいな石、硬度が高い石の方がパワーがあります。

石の形状によるパワー:
宝石仕様のカットが施された石に一番パワーがあります。
しかし、全ての石がカットに適しているわけではないので、一般的には丸玉にパワーがあります。
ご自身で、ハートの形に意味を見出せば、その形状も効果があるでしょう。
10mm以上の石によりパワーがあると考えています。

自然石は、あるがままの姿、あるいはその表面だけを研磨して、庭や玄関、床の間などに置くことで、効果が有るもので、パワージェムの範疇ではありません。
半貴石未満の石は本来そのように扱われるべきもので、当店では扱っていません。
小さいものなら、机の上に置いたり、かばんの中に入れておいても良いと思いますが、それは、川原で拾ったきれいな思い出の石との違いが良くわからなくなります。
タンブルや小さいクラスターは、ほとんど掘削時の破砕されたものや丸玉にならない、小さい、あるいは薄い石を磨いたり、半分磨いたもので、丸玉以上にパワーがあるとは、当店では考えていません。

エンハンスの場合は、形状よりもまず、身についていることが肝要です。
ウィッシュの場合は、穴が開いていない(無穴)ほうが、効果が大きいです。

石の謂れによるパワー:
当店では、『パワーストーン図鑑』と言ったものを参照していません。
古文書、パワーストーンが流行る以前の「宝石図鑑」などに書かれている謂れを採用しています。
20世紀以降に発見された石に定着した謂れがあるはずないので、採用していません。
(
硬度が高い石、流通が安定してきた石は、20世紀以降の石でも採用してます。)



上記から、半貴石未満の石も採用しているパワーストーンとは、一線を画して、パワージェムとして、当店では販売しています。
値段をご覧頂ければご理解いただけると思いますが、同じ石でも品質は高いものばかりとは限りません。
その石として一般的に知られた色や光り方や透明感と違う場合も有ります。
ただし全く違う色は、取り扱わないか、そのように見える色の石として取り扱います。
例えばブラックトルマリン。

当店における色分けは、五行における「木火土金水」を「青赤黄白黒」に言い換えているだけで、例えばアメシストは、五行における「水」で、当店ではそれを「黒」と言っています。

----------------------------------------------------

~ここだけの話~



製品のパワー:
パワーアイテムは、必ずと言って良いほど、壊れたり無くなったりすると考えています。
従って、無償保障期間は、1週間です。
壊れたり、一部がなくなったり、色が変ったり、くすんだりしたときは、浄化をお奨めします。
エンハンス度やお願いが大きく、石のパワーが足りなければ、目的半ばで、壊れたり、なくなったりします。その前に浄化がお奨めです。
(
逆に半年以上も変化(エンハンスやお願いの達成)がなく、壊れたり、なくなったりしない場合は、その製品が合わなかったことが考えられます。カウンセリングつきの製品に切り替えるか、当店の製品では、無理なのかもしれません。)
早いときで1ヶ月ぐらい、通常3~6ヶ月ごとに、評価してください。
必要であれば、玉の交換や、組み直し、糸換えをしてください。
当店の保障(修理などは有償)は、当店が存在し、製品が当店のものである限り、永久です。

当店の考えでは、製品は完結し、つながっているほうが良いと考えているので、ブレスやネックは、標準は、シリコンゴム紐を結んで、開かないように作成します。
65cm以上のネックなどは、伸びないナイロン紐で作成することも出来ます。
ご注文があれば、クラスプなどつけて、作成します。


パワージェムの効果的な使い方:
占いにしても、なんにしてしても、究極は、カウンセリングです。
一人として同じ人は居ないので、当然です。
遠い昔は、医者も薬剤師も鍼灸師も風水師も占い師も経営コンサルタントも人生?コンサルタントも一人の人がやっていたでしょう。
現在は、分業化して、そんなことをしてくれる人は居ません。
そうすると、自分の人生は自分でマネージメントをしなければならないと言う至極当たり前のことなのです。
当店では、どうしてもと言うお客様には、カウンセリングも行いますが、ぜひ、あなたのマネージメントの中の一つとして活用してもらいたいと願っています。

フルカウンセリングをして、カスタムメイドで全身、あるいは更に家中、パワーアイテムで満たすことは出来ますが、それは、膨大な金額を必要とします。
そして、フルカウンセリングをしないで、例えば同じ石を全身に身に付けたとしたら、副作用、あるいは思わぬ別の作用が働いて、その人の体を壊してしまうかもしれません。

そこで、体の一部などに、そして全て同じ石でなく、つけてもらいたいと思って居るのです。
そして、そのアイテムは、あなたの着火剤、スターターとして、認識して欲しいのです。
いくら、パワーがあっても、そこにあなたの意識がなければ、なかなか成功に結びつきません。(特に全身ではなく、体の一部ですから!)

まず、身に付けることで、意識をする。
そして、そのアイテムから、パワーが波及するようなイメージを持って、自分自身が変わるんだと言う認識を持ち続けてもらいたいと思います。

(
これを読まなくても効果が出る人も居るでしょうし、これを読んで効果を確認できる人も居ると思います。これを読んで馴染まなければ、たぶん当店の製品を身に付けても効果が出ないのかもしれません。)


当店の考え方によって、丸玉中心と五行による組み合わせなので、デザイン的に優れているかは、分かりません。
しかし、当店で販売する石(中には目的のため石ではないものもあります。)は、当店の基準による価値のあるものです。ほとんどが半貴石以上の石です。
金属もシルバー以上のものを使います。
従って大人のアクセサリーとしてもかまいません。
その点において、所有することの喜びがある。

いくら効果が有っても、自分が高額だと思えば、楽しさが半減するのです。
その点、当店の製品は、比較的気軽に所有できるのです。
心に余裕があることは大事です。
そして、何よりも、所有して、楽しむことが出来なければ、効果も出ないし、人生も楽しくないと思うのです。

人生を上手に楽しむ人に、楽しもうとする人に、当店の製品を楽しんでもらいたいと思います。


石の品質によるパワー:
実は当店もその値段どおりの品質です。
(
その点気になるなら、特選品やフルオーダーをご利用いただきたいです。)
レギュラー品は、石の中に瑕(異物やクラック)が必ずあります。
従って曇って見えたり、鮮やかな色でなかったりします。
また、穴の開いている玉は、穴の処理上、周辺が欠けている場合があります。
表面も目に見えずらいぐらいの瑕(欠け、クラック)はあります。
(
流通の状態を鑑みると、上記は他店も同じような品質だと思います。)
染色と練り(粉を合成樹脂で固める)は、一切扱いません。
~~オーラと言う製品は、表面に金属を蒸着させたもので、人造品です。樹脂やガラスでも同じようなものが出来ますので、弊店では取り扱いません。
加熱、加圧、ガンマ照射は、扱う場合があります。
この価格のターコイスは、表面処理が施されています。
アンバーのアンブロイドとは、加圧形成したものです。練りではありません。

しかし、激安品もありませんが、クズ石を販売することもありません。
半貴石未満の石を法外な値段で販売することもありません。

さてそして当然、品質の高いもののほうが、パワーが高いに決まっています。
ですから、お持ちの宝飾品をパワーが出るようにリフォームするのもお奨めです。
(
宝飾品のリフォームは、パワーストーン屋さんでは出来ません。弊店は宝石(宝飾)店なのでそれが可能です。)

個数の問題からすると、初めての場合、1ヶ月は最初の一つをつけて、様子を見てください。
慣れてきたり、あるいは、五行の意味が分かる人は、複数個を状況に応じて取り替えても結構です。


「お願い石」の限界:
当店における「親石」相当=オールストーンにはなく、トップストーンの場合は、10mm玉、勾玉の場合は勾玉、ジェムキャッチャーの場合は、12mm玉、パワーロケットの場合は、そのロケットの中に入れたもの=のものにお願いを掛けた場合は、「お願い」は、1回限りしか使えません。
1回使ったものは、自然に帰してやるか、浄化してエンハンスアイテムとして使ってください。
「お願い石」もお願い達成する以前に、くたびれて、パワーダウンする場合がありますので、時には、浄化をしてあげてください。
エンハンスアイテムや「親石」以外の石も、時には浄化をしてあげてください。


~ここだけの話し2~


浄化のタイミング:
まめに毎日行ってもいいのですが、最低、半年に1回、または、壊れたり、外れたり、無くなったりしそうな時か、した時、糸換えの時期、曇ったり、色が変ったと思った時、パワーが弱ったなと思った時、浄化したいなと思った時には、浄化を行ってください。
そうしないと完全にロスト(パワーが全く無くなる、全部無くなってしまう、修復できないぐらい壊れる)してしまうと思います。


-----------------------------------------------------



基本的なデザイン:
当店のブレスレットのデザインは、基本的に180cm、1連、30玉()です。

一番大きな石を便宜上、親玉()と呼んでいます。
オールストーンタイプは、主玉=親玉となります。
パワーロケットは、それ自体を親玉相当としてデザインします。
ロケットあるいは、その中身が、親玉の役割をします。
SV
7,000円~のペンダントヘッドは、親玉1個です。
自前のネックレスにつけたり、当店のネックやブレスのパーツ(チャーム)として、お使いください。
その隣の石を副玉(両側なので2個)
必要に応じてその隣に1~2個の補助玉(両側で2か4個)。
残りの石がベースとなります。
ベースと親玉周辺の境に調整玉()を設けています。
ベースの主たる石が主玉と呼んでいます。
オールストーンタイプの3個は、副玉相当となります。
便宜上、親玉の反対側に設ける場合は、対極と呼んでいます。
調整玉の場所に肩玉として、両側で2個、設ける場合があります。
また、大極側の肩に当たるところを二天玉と呼んで、設ける場合があります。
大極はデザイン上設ける場合も多いですが、肩玉(多くはトルマリン)、二天玉(多くは磁気ヘマタイト)は、オーダーがあれば設けるケースが多いと思います。
トルマリンの効果は、「運を引付ける」。磁気ヘマタイトの効果は、「人を引付ける」です。

〔トップストーンの場合〕




石の配列:
相生を利用して、石のパワーをより引き出しています。
そのため1つではなく、何種類かの石を使う場合が多いです。
相克を起こさないため、無駄な石は含めません。
つまり、色々な石を一つのブレスにすることは出来ません。
親石は、お客様で選べますが、色配列は、選べません。
色の中で、石を選ぶことは出来ます。
パワージェムでなく、アクセサリーとしてお求めの場合は、なんら制限はありません。


当店お奨めアイテム:

青の人(木星)には、絶対と言って良いほど、『黒い液体』を持ってもらいたいと思います。
赤の人が鉱物(石)を持つ場合、黄色いものを持つことをお奨めします。

<エンハンスする場合、お奨めのアイテム>
黒の人:白い鉱物=銀、ムーンストーン、ダイアモンド
青の人:黒い液体=アメシスト、濃い色のジェダイド(ヒスイ)、パワーロケット()に液体を入れる
赤の人:青い有機物=リグナムパイタ、檀香珠
黄の人:赤い熱物質=ガーネット、ピンクトルマリン、ルビー
白の人:黄色い土壌=アンバー、黄色い陶磁器

#それで、当店では、石以外に、銀、リグナム、檀香珠、黄陶器の玉を準備しています。
  例えば、対極などの位置にこれらを配しても良いと思います。

~分かり辛いと思われるものの説明~

アメシスト:
水晶自体、水()が永久に固まったものだと信じられてきました。
アメシストの性能は、黒の特性を強く表しています。
青かと思うかもしれませんが、濃い紫は、「黒」の範疇です。

ヒスイ:
鉱物から水が生じるとされますが、ヒスイ自体、その見た目から、水を生ずるだけでなく、ヒスイ自体に水を含み、表面は水をたたえていると言われています。
ヒスイはその性能から、「黒」の特性を示すものです。
ただし、濃い緑のヒスイは、高額品となります。
標準品では、色が白く、青の範疇になります。

青い有機物:
まさに「木」なのですが、リグナムと檀香珠は、玉にした後も緑色です。緑は青の範疇です。

ガーネット:
一説によると、箱舟の夜の明かりになったそうです。
当時の明かりとは、熱物質です。
赤い(燃える)石炭とも呼ばれています。

トルマリン:
遠赤外線を発しますので、熱をもたらすものです。

ルビー:
ルビーも夜の明かりとされています。

アンバー:
樹液が土中に埋まって、化石化したものです。
鉱脈から掘り出されるものではなく、まさに土中から掘り出されるものです。

黄陶器:
陶磁器は、まさに土を焼き締めたものです。

~金運は黄色なのか?~

・・・しっかし、ここ、真似するサイト!出てくるんだろうな~。
   まあ、インチキサイトが減ってくれれば良いか・・・。



 


ログイン

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

オンライン状況

7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが jewelry を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...